お申し込み・お問い合せ 098-869-6607

プレイナビゲーション
格安沖縄民宿情報
沖縄のホテル情報
格安沖縄でとっても安い宿
格 安沖縄ウィークリー
格 安外人住宅ウィークリー
外車レンタカー

沖縄引越し・移住
レンタカーで格安引越
格安カーフェリー車両輸送
格安カーフェリー車両輸送
格安東京〜沖縄裏技
発売前フェリー予約裏技
沖縄フェリー裏技動画
格安フェリーバイク輸送
格安無車検・車検切車輸送
引越し&アルミバン
沖縄トレーラー輸送
格安特殊車・建設機械輸送
格安引越貨物コンテナ輸送
沖縄建築資材輸送
産業廃棄物・瓦礫輸送
沖縄植物・農産品輸送
観光バス海上輸送
業務用観光バス海上輸送
販売店様用車両海上輸送
裏技!家財道具引越
輸送特典でお金を節約
期間従業員向け車輸送
us-tranport
格安沖縄の周辺離島の船旅
格安沖縄の周辺離島の船旅
格安沖縄を動画でドライブ
格安沖縄美人観光地
格安沖縄の低価格車検
格安沖縄で車のサビ止め
格安防錆ナンバーネジ交換
格安車の放射能除染
格安車の中古部品探します
格安車の修理
格安名義変更
格安沖縄車の廃車0円処分
沖縄のダイビング
珊瑚礁素潜りスポット
格安チャータークルーザー
格安チャーターリムジン
格安チャーターヘリ
格安大好き検定参考書
沖縄県産本の魅力
沖縄裏観光
沖縄寄港超豪華客船
格安沖縄ユニーク面白体験
沖縄スローライフ風景
沖縄の道沿い風景
沖縄のしたたかな島猫
沖縄の危険生物
沖縄のウミウシ
沖縄の熱帯魚
沖縄の熱帯フルーツ
沖縄の昆虫
沖縄の植物・種・苗
沖縄の貝
沖縄の食材
沖縄の山
沖縄の川・ヒルギ林
沖縄のダム湖
沖縄のイノー礁湖
沖縄の漁港
漁港食堂
漁港食堂
沖縄の窯元
沖縄の笑える看板
沖縄の難解・珍名地名
格安嬉しくて感動するお店
格安海が見えるロケカフェ
格安多目的イベントカフェ
格安琉球古民家赤瓦の店
沖縄で朝定食がある店
沖縄のおすすめランチ
沖縄のステーキハウス
沖縄のフランス料理店
沖縄のイタリア料理店
沖縄の中南米料理店
沖縄のアジア料理店
沖縄の中華料理店
沖縄の韓国料理店
沖縄の日本料理店
沖縄の寿司店
沖縄の琉球料理店
沖縄のパンとケーキ
ライブ・ジャズ・島唄
沖縄のおすすめ居酒屋
格安沖縄独り占めスポット
格安沖縄神聖スポット
格安沖縄の民謡・伝承・昔話
格安沖縄の妖怪
格安沖縄の地域のまつり
沖縄の伝統芸能エイサー
沖縄伝統芸能獅子舞
沖縄道化チョンダラー
格安沖縄の慰霊碑・慰霊塔
沖縄洞窟・ガマ
格安沖縄の遺跡・世界遺産
沖縄の米軍施設
沖縄ミュージアム
沖縄とっておきビーチ
きのこ岩が立つ海岸
沖縄オート&キャンプ
沖縄バーベキュー施設
格安ホームページ制作代行
米軍基地仕事入札支援
雇われない生活支援
格安気分はモデルCD制作
沖縄ロケ候補ビーチ
顔写真のプチ美容整形
沖縄空撮写真
空撮写真・ビデオ撮影
格安沖縄新聞・テレビ広告
格安沖縄YOUTUBE広告
沖縄ビジネスマッチ
格安沖縄でライセンス
沖縄スポーツクラブ
格安癒し・エステ&スパ
沖縄で美と若さの追求
沖縄マラソン参加情報
沖縄体験型アルバイト
農業・漁業・窯業挑戦
格安ウエディング
格安宿泊1組限定美ら島
無人島探検&キャンプ
沖縄無人島名鑑
沖縄有人島名鑑
海上の道・黒潮圏の島
格安沖縄レンタル農園
沖縄家庭料理秘伝の技
沖縄家庭料理秘伝の技
ライブ沖縄民謡・三線
生録ウチナーグチ
生録ウチナーグチ
沖縄そば大特集
沖縄1コイン食堂
沖縄激旨ギョウザ屋
たこ焼き・お好み焼き屋
沖縄のカレーが熱い
沖縄クール&スイーツ
泡盛酒造所
海底熟成泡盛オーナー
格安有名ブランド商品販売
格安お宝情報売ります
格安お宝サイト個人売買
沖縄発何でも売ります
格安個人直売沖縄不動産
格安保証人不要物件
沖縄の不動産屋
沖縄の貸倉庫屋
格安沖縄建物解体処分
格安沖縄家庭廃棄処分
格安沖縄秘祭・奇祭
沖縄来訪神ミルク
西表デトックス
沖縄効果の効能書
星で目を休める
沖縄の星を携帯で探す
沖縄の海岸の漂流物
沖縄漂流物・浮き玉
沖縄の台風の猛威
沖縄に星が来た:隕石
美しい・珍しい鉱物
西表の不思議な鈴石
西表の太古の木の化石
格安 琉球王朝伝統のお菓子
美味しい沖縄食品
沖縄の薬草・ハーブ
沖縄変り種・面白商品
沖縄の変な生物を探す
沖縄の草花を食べる
沖縄昔ながらの共同店
与勝・勝連のお守り
沖縄限定版・占いの缶詰
沖縄終活海岸散骨
沖縄異業種交流会
株&FX情報交換会
プレイガイド
役立つ有益情報サイト

ご予約・ご注文・支払い方法
ご予約・ご注文・お問い合せ
旅行の合間を利用したサイトのモデル募集!
会社概要
プライバシーポリシー

沖縄秘祭・奇祭 

沖縄は一年中を通じてさまざまな行事やお祭りがありますが、その中には文化人類学的に見ても、大変興味深いお祭りがたくさん存在します。
五穀豊穣や豊漁などをお祈りするお祭りが集落や地域ごとにとり行われています。
少し前までは、部外者が見学することさえも許されなかったお祭りがありました。
一部の学術研究者がそのお祭りの研究のために、その集落に長期間にわたり住み着いた上で、集落の人々に深く溶け込んだ時に初めて参加が許されるようになったと聞いています。
また、現在でも、マスコミはおろか集落外の人を完全にシャットアウトする秘祭が実際にはあります。
一部の秘祭では旅行者に対しては、カメラやビデオで撮影することは禁じられていますが、見学だけはできるようになりました。
当コーナーではそうした秘祭だけでなく、広い意味での奇祭と呼べるお祭りは出来る限り、たくさん載せることにしました。
そういった事情で、一部に写真が載せられないお祭りもありますのでご容赦ください。
また、宿は当社サイトの沖縄でとっても安い宿をご参照ください。
車両・バイクの輸送に関しましてはそれぞれ、フェリー車両輸送フェリーバイク輸送がお得です。
お祭りの日程は旧暦を基本としますので、毎年変わります。
新暦の日程がわかるお祭りは新暦でも表示しました。
詳しいお祭りの日程はそのつど、おたずねください。



沖縄秘祭・奇祭 - 全お祭り一覧

パーントゥ

パーントゥとは不思議な仮面をかぶった3体の泥だらけの神様に泥をなすりつけられると、1年間は元気で暮らせると言う言い伝えのもと、泥びたしの神様に泥をつけていただく恩恵に預かるために村人たちが待ち受け、泥だらけになって幸せと元気を頂くというお祭りです。

パーントゥは方言で怪物を意味し、国指定の重要無形民族文化財となっています。
その姿はキャーンと呼ばれるつる草で覆われ、体に臭い泥をつけた3体のパーントゥが集落のはずれにある「ンマリガー」から現われます。

この祭りも一時期は撮影禁止となっていましたが、現在では撮影が可能です。

注意することはこの泥は大変臭く洗ってもなかなか落ちないし、カメラも平気で泥を付けらられるので、ビニールをかぶせるなどの準備が必要です。

場所:宮古島の平良島尻地区
日程:2007年度は新暦の
11月12日・13日の17:00〜20:00の間にとり行われました。


アカマタ・クロマタ

現在では石垣島の宮良地区・小浜島・新城島・西表島の古見地区の4ヶ所でしか行なわれていないお祭りです。

昔は秘密結社的にとらえられた時代もありました。

民族学者:喜捨場永c氏が書いた八重山民族誌によると、従来までは他部落の者はもとより外来者については一切口外しないという古くからの固い習慣があったそうです。

かつて、某新聞社の記者が撮影したのがばれて、袋叩きにあったという話も聞いた事があります。

現在では、撮影こそは許されていませんが、見学は出来るようになりました。

内容は五穀豊穣を祈り、面をかぶり、体は森の植物を身にまとい、まるで草で覆われた妖怪のような雰囲気の神様が儀式をとり行うといった内容です。
おもしろいのは、パプア・ニューギニアに行くと、このお祭りに非常に似た行事(シンシン)が行われていることです。

場所:石垣島宮良地区・小浜島・新城島・西表島の古見地区の4ヶ所
日程:毎年旧暦6月の壬の日(新暦では7月末から8月にかけて行われます)

オホホ

来訪神オホホが「オホホホ・オホホホ」の声とともに現れます。

西表島:祖内・干立地区に伝わる伝統行事です。
今から500年前から伝承されたと言われており、農作の感謝と五穀豊穣、健康と繁栄を祈願するお祭りです。
国の重要無形文化財の指定を受けています。

オホホのほかにはミルクとフダチミが現れます。
ただし、フダチミは祖内の節祭のみで見られます。

場所:西表島の祖内・干立地区
日程:2007年度は新暦の11月2日がオホホが行われる日です。

ムシャーマ

日本の最南端、波照間のお祭り:ムシャーマの中でもミチサネー(仮装行列)は一番盛り上がるイベントです。

雨の神様であるフサマラーが手に持った大きな葉で観客に水をかけながら行進するのが特徴的です。
他にミルクのだんな様のブーブサも現れます。
まるでパプアニューギニアの祭祀(シンシン)のようなものも見られます。

毎年旧暦の7月14日(旧暦のお盆)に、先祖を供養し、豊作と安全を祈願して行われるお祭りがムシャーマです。

この日、波照間島は一年中で最高に賑やかになります。

場所:波照間島
日程:旧暦の7月14日(2007年度新暦の8月26日にすでに終わりました)

マユンガナシ

石垣島の川平地区の節祭の行事です。
マユンガナシというクバガサをかぶって、蓑を着て、長い棒を持った神様が家々を回ります。

写真・ビデオは禁止の秘祭です。

これは、昔、蓑を着た旅人が訪れ一晩の宿を乞うたので、主人がもてなしたが、実は神様だったという故事にもとづいているそうです。

マユンガナシの風貌は、まるい蓑のかたまりから棒が出ていて、まさしく妖怪のイメージがありますが、これが神様です。

マユンガナシたちは、闇の中から現れ、夜遅くまで、家々を回り、もてなしを受けて、お礼をした後、再び闇に消えていくそうです。

場所:石垣島の川平地区
日程:2007年度は新暦の10月31日予定



 

Total:
Today: Yesterday:
© 2007 HumanRelation Allright Reserved.